耳を澄ませば〜ソウルで野鳥観察

野鳥好きが期間限定で韓国(ソウル)に住むことになりました。身近な鳥との出会いを記録します。

シロハラ、キマユ、ホオジロ科大集合!

今は春の渡りの時期ですね。

韓国を通過してどこかへ向かう鳥たちが、通過の途中に舞い降りてきては、束の間のエネルギー補給に励んでいます。

 

ここ数日は、そんな鳥たちの中でもホオジロ類と出会う率が高かったです。

しかも東京では出会ったことのないホオジロ類です・・・!嬉しい💕

 

まずは、キマユホオジロ(노랑눈썹멧새)!

f:id:popopooseoul:20210507115026j:plain

その名の通り、眉が黄色です。

この子は頭が真っ黒で、オスのようです↑

 

f:id:popopooseoul:20210507115307j:plain

こちらはオスより若干頭の色が薄いメスのようです。

f:id:popopooseoul:20210507115412j:plain

これもメスかな?

f:id:popopooseoul:20210507115525j:plain

しかしミヤマホオジロもそうでしたが、顔を見ないで体だけ見ると、スズメにそっくりですよね?!↓

f:id:popopooseoul:20210507115147j:plain

スズメかと思って素通りしかけました・・・。

 

次に会えたのは、シロハラホオジロ(흰배멧새)!!

f:id:popopooseoul:20210507120436j:plain

こちらも名前の通りお腹が白いです(顔が黒いのでオスのようです)。

しかし藪の中からなかなか現れてくれず・・・ピンボケしか撮れなかったから、あと一枚撮らせて〜💦と懇願したのですが、

f:id:popopooseoul:20210507120641j:plain

「さ、よ・・・」

f:id:popopooseoul:20210507120713j:plain

「な・ら・・・・」ぴょん!

あーーー、待ってーーーー!

つれない態度で姿をくらましてしまうシロハラホオジロなのでした・・・。

 

f:id:popopooseoul:20210507120826j:plain

あとはずっとこんな感じでした・・・隠れすぎです。

 

他にも色々な鳥に出会ったのですが、識別が難しく・・・。

(1)謎の鳥 その1・・・シマアオジ(검은머리촉새)?

f:id:popopooseoul:20210507121141j:plain

またスズメ・・・?かと思ったら、

f:id:popopooseoul:20210507121210j:plain

「違うよ〜」

振り向いたその顔は明らかにスズメではなく・・・。

f:id:popopooseoul:20210507121443j:plain

うーん、あなたは誰?

この首周りの黄色いマフラーのような模様と、全体的な色から推察するに・・・

f:id:popopooseoul:20210507122230j:plain

シマアオジの若鳥・・・かな?

翼の白色帯はまだ不明瞭だけれども。
f:id:popopooseoul:20210507121530j:plain

お腹の羽が一部まだホワホワしています。きっと若い子なんでしょう。

f:id:popopooseoul:20210507121710j:plain

ちなみにシマアオジもホオジロ科です。

 

(2)謎の鳥 その2・・・シベリアアオジ(시베리아 촉새)??

f:id:popopooseoul:20210507122622j:plain

うーん・・・うーん...(悩む)

全体的に色が淡いけれど、シベリアアオジのメスかな・・・?

普通のアオジよりは黄色みが薄く、胸の上部が灰色っぽいのを決め手としました。

これも本に載っている成鳥とは色や模様が異なる若鳥なのかもしれません。

 

また別の個体↓。

f:id:popopooseoul:20210507135452j:plain

クロジなのかも・・・?とも思ったのですが、尾っぽの一番外側の羽が白いので、クロジではない模様(クロジは白くない)。

f:id:popopooseoul:20210507135708j:plain

f:id:popopooseoul:20210507140810j:plain

ちなみシベリアアオジもホオジロ科です😊

f:id:popopooseoul:20210507135903j:plain

f:id:popopooseoul:20210507140124j:plain

↑うーん・・・こんな個体もいました。クロジ?シベリアアオジ??

尾っぽの外側の一枚が白いからシベリアアオジなのかなあ・・・(悩ましい・・・)。

 

 

謎の鳥 その3・・・カシラダカ(쑥새)???

 

こんな子もいました。さらに難易度が上がる・・・。↓

f:id:popopooseoul:20210507135008j:plain

 

f:id:popopooseoul:20210507164949j:plain

 

f:id:popopooseoul:20210507134825j:plain 

うーん、うーん、うーーーん。

胸の模様を見るに、カシラダカの若鳥??なのかなあ・・・頭も若干、ファンキーに立ち上がりかけている気もする・・・(あまり自信ないです😅)

ちなみにカシラダカもホオジロ科です。

 

(4) 謎の鳥 その4・・・ムシクイの何か(笑)??

 

識別が難しいといえばムシクイです。この日も、頭上でたくさんのムシクイらしき小さな鳥が賑やかに囀っては枝から枝へと飛び移っていたのですが、写真に撮るのも困難な上、見分けもつきません。まさにお手上げ状態😱

 

f:id:popopooseoul:20210507165120j:plain

 

f:id:popopooseoul:20210507165211j:plain

f:id:popopooseoul:20210507165456j:plain

f:id:popopooseoul:20210507165730j:plain

角度的にうまく見えませんが、羽に白い線が2本あるのがチラッと見えます・・・。

視覚的には、センダイムシクイ(12.5cm)より小さく見えました。

 

きっとこの中のどれかです(笑)↓ 

f:id:popopooseoul:20210507171649j:plain

f:id:popopooseoul:20210507171845j:plain

ちなみにムシクイはホオジロ科ではなく、ウグイス科です。

識別は難しいけれど、春の渡りの時期にしか会えない鳥たちに、もっともっと出会えたら嬉しいです。

 

今日のおまけ

突然うなぎが食べたくなって、食べに行ってきました。

f:id:popopooseoul:20210507175830j:plain

韓国のうなぎは網で焼いて、ハサミでチョキチョキ切って食べるのが一般的です。

f:id:popopooseoul:20210507180110j:plain

うなぎ以外は頼んでいませんが、色々出てきます。さすが韓国!

f:id:popopooseoul:20210507180740j:plain

メニューはいたってシンプルです。

一匹23000ウォン。塩焼きとタレ焼きが選べます。

(タレは追加で2000ウォン。)

タレは美味しすぎて写真撮る間も無くなくなりました・・・笑。

f:id:popopooseoul:20210507181253j:plain

풍천참슻민물장어직판장 (↑店舗外観写真、NAVER から拝借しました)

숙대입구駅から徒歩10分程度。

 

この鰻屋さんがある場所は후암동というエリアなのですが、再開発が進む前のソウルの姿を残していて、昭和な気分?で散策できます。

うなぎ屋さんに来たら、近くも是非プラプラ散策してみてください☺️

f:id:popopooseoul:20210507182022j:plain

f:id:popopooseoul:20210507182258j:plain

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

尾っぽがピンっ!ミソサザイ〜ヨイドにて

 

いつの間にか、街を歩けば色とりどりの花が眩しい季節となりました。

前回の記事ではまだ雪景色だったのに・・・(←しばらく記録をサボっていたことが明白ですね😹)

 

最近は忙しく、鳥見もなかなか行けなかったので、今日の記録も1ヶ月以上前に出会った鳥の記録となります。

 

汝矣島セッカン生態公園(여의도샛강생태공원) なる、国会議事堂からほど近い公園を散策してきました。

 

公園の中程にある小さな泉のほとりで一休みしていると・・・

 

f:id:popopooseoul:20210321212144j:plain

ぴょん!

小さな茶色の鳥が現れてくれました。

このピン!と立った可愛い尾っぽは・・・

 

f:id:popopooseoul:20210321212552j:plain

「こんにちは!(ピン!)僕、ミソサザイです(ピン!)」

 

ミソサザイ(굴뚝새) でした😊。

ミソサザイは韓国でも日本でも留鳥で、一年中見ることができる鳥ですが、ソウルではこの日初めての出会いでした。

 

まあるい体に、尖った嘴、そして短くもピンと立った尾っぽが特徴的で可愛い小鳥です。

f:id:popopooseoul:20210321213252j:plain


体調は約10cm、スズメよりも小さいです。

f:id:popopooseoul:20210321213054j:plain

f:id:popopooseoul:20210321213657j:plain

地味な鳥かもしれませんが、独特の存在感(と可愛さ)があり、出会う度に嬉しくなります。

 

f:id:popopooseoul:20210321214007j:plain

あ〜、この尾っぽの見事な立ち上がり!!!😍

うちの猫が嬉しい時に尻尾をぴーーーんと立てる姿に瓜二つです😍(・・・え?)

尾っぽの付け根をつい撫でたくなりますねえ・・・。

 

 

f:id:popopooseoul:20210321214408j:plain

おまけ

↑近くの木で、キノコにように佇んでいたジョウビタキさん。これまた可愛いですねえ😍

 

もうすぐ桜の蜜を喜んで吸うヒヨドリやメジロの姿がまた見られる季節です。

暖かくなってきたし、また時間を見つけて鳥見散策に出かけたいと思います。

 

 

〜〜今日のおまけ〜〜

友人が個展を開いたので、鑑賞してきました。

f:id:popopooseoul:20210321220318j:plain

(芸術の殿堂ハンガラムデザイン美術館にて)

 

ハングルをモチーフとして、視覚的な調和音を生み出す、まるで作曲家のような芸術家の友人でした(専門はテキスタイルデザインとのこと)。

f:id:popopooseoul:20210321221649j:plain

 

f:id:popopooseoul:20210321221905j:plain

よーく見ると、ハングルが見えます。

f:id:popopooseoul:20210321222008j:plain

音楽のようでもあり、風のようでもあり、万華鏡のようでもあり、宇宙のようでもあり・・・

色々な顔を持つ、繊細で素敵な作品でした。

 

f:id:popopooseoul:20210321222305j:plain

久しぶりの再会でしたが、昔と変わらぬ優しい笑顔の友人に癒された1日でした✨

(写真は全て友人に許可をもらって掲載しています。)

 

個展は3月25日まで。お近くの方は是非!

f:id:popopooseoul:20210321222736j:plain

 

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

 

雪積もる公園で〜キクイタダキ、セグロコゲラも!

 

少し暖かくなったかな?・・・と思った日もあったのですが、またまたソウルは氷点下の世界です。

今朝、出かけた時の気温はマイナス6度でした。昨夜降った雪が残る中、公園を散歩してきました(寒かった・・・)。

 

f:id:popopooseoul:20210204190656j:plain

まず出会ったのは、雪の中に落ちていた松ぼっくりを突いていたヤマガラさん(곤줄박이)。

f:id:popopooseoul:20210204191017j:plain

松ぼっくりの皮を一生懸命剥がしていました。中にいる虫を探しているのかな?

 

針葉樹の並木を歩いていると、小さな小さな声が聞こえてきました。

ツィツィ・・・

 

この声はもしかして・・・(ドキドキ)

f:id:popopooseoul:20210204192347j:plain

「あれ?うまく隠れているつもりだったけど見つかちゃった?」

 

冬が終わる前には会いたいと思っていたキクイタダキ(상모솔새)でした!

 

キクイタダキは日本(韓国でも?)最小の野鳥で、スズメより遥かに小さく見えます(全長9cm)。

小さな小さなキクイタダキ、頭に菊を戴いているように見えることから付いた名前だそうです。

 

しかしこの頭の黄色を撮影するのが至難の技で・・・。

なんせとても小さいだけでなく、動きも素早く、常に枝から枝へと飛び回っています。

さらに木の上の方を飛び回っていることが多いので、下から見上げる構図になってしまい・・・。どうしてもお尻の写真が量産されてしまいます(お尻も可愛いのですが😍)。

f:id:popopooseoul:20210205110538j:plain

(↑お尻写真)

 

f:id:popopooseoul:20210205111308j:plain

(↑またお尻写真)


さらに体が小さいこともあり、葉の影になる率、99%(笑)、なかなか枝被りでない写真が撮れません😅

f:id:popopooseoul:20210205111020j:plain

(↑枝被り写真)

f:id:popopooseoul:20210205111138j:plain

(↑また枝被り写真)

f:id:popopooseoul:20210205111359j:plain

(↑またまた枝被り写真)

f:id:popopooseoul:20210205111658j:plain

f:id:popopooseoul:20210205112419j:plain

↑そして枝被りでない写真は、ほぼピンボケ・・・😭

f:id:popopooseoul:20210205112753j:plain

小さな可愛い姿をもっと綺麗に収められるように精進したいです。

しかし、大きなカメラをほぼ垂直に長時間構えていたので、今日は腕が筋肉痛になっていました・・・(情けない)。

キクイタダキの姿を綺麗に撮れる日はまだまだ遠そうです。

 

さて、ふるふるしてきた腕を下ろし、歩いていると・・・。

f:id:popopooseoul:20210205113505j:plain

「コンコン・・・虫、どこかにいないかなあ〜」

 

一生懸命コンコンしているセグロコゲラ(아물쇠딱다구리)と目が合いました。

f:id:popopooseoul:20210205113718j:plain

以前の記事(2020−11−01)でも記しましたが、セグロコゲラは日本にはいない鳥です。

コゲラより一回り大きく、背中の模様が黒が多めの白い斑点、という姿です。

f:id:popopooseoul:20210205113920j:plain

お腹はコゲラ同様に縦縞が見えます。

f:id:popopooseoul:20210205114055j:plain

雪が残る幹とセグロコゲラ。

f:id:popopooseoul:20210205114243j:plain

 日が当たる場所で羽繕い。春が待ち遠しいね。

 

f:id:popopooseoul:20210205114756j:plain

近くの木ではカワラヒワ(방울새) が一羽で悠々と食事中でした。

こんなに淡い綺麗な色のカワラヒワは見たことがありません。

しばし美しい姿に見惚れてしまいました。

 

f:id:popopooseoul:20210205115129j:plain

f:id:popopooseoul:20210205115244j:plain

ハシブトガラ(속박새)もお食事中。

f:id:popopooseoul:20210205115026j:plain

そういえば先日、ハシブトガラが巣作りしている姿も見かけました。

この写真の子も、よく見ると足に綿毛を持っていますね。もしかしたら巣の材料を運んでいるのかもしれません。

 

寒い寒いと思っていましたが、春は着実に近づいてきているんですね。

f:id:popopooseoul:20210205170253j:image
f:id:popopooseoul:20210205170250j:image

(↑公園内の風景。

上、凍った池。

下、凍った小川。

ひー、やっぱりまだ寒い!)

 

 

〜〜今日のおまけ〜〜

 

約2ヶ月間、我が家で保護していた野良子猫のノラ、ついに里親さんが見つかり、新しい家へと旅立って行きました!

自分で思っていた以上に、情が移ってしまったようで、別れが辛かった・・・😭

でも良い里親さんが見つかってホッとしました。

名前も、本当は別の名前を考えていたんだけど、このままノラと呼ぶことにしました😊と連絡をくれました。その方がノラも安心するでしょうから・・・と。

優しい里親さんのもと、これからもずっと元気でね、さようなら、ノラ・・・。

노라야 오래오래 행복하게 살아...안녕 노라...

 

f:id:popopooseoul:20210205120209j:plain


f:id:popopooseoul:20210205120126j:plain


 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

 

凍ったハンガン〜雪の中のダルマエナガ他

この冬、ソウルを38年度ぶりという寒波が襲いました。

最高気温がマイナス11度などの日もあり・・・。

え、最高気温が・・・??最低気温の間違いではなくて?!🙀

と、天気予報を見ながら一人叫んでしまったりしました。

(ちなみに最低気温はマイナス18度だった。)

 

そんな日が数日続き、広大なハンガンもついに凍ってしまいました。

f:id:popopooseoul:20210121151434j:plain

さ、寒い・・・。耳がもげる・・・。手がちぎれる・・・。

 

そんな寒さの中、鳥たちは大丈夫かと心配だったのですが、

雪の中で一生懸命に餌を探す姿を見ることができました。

f:id:popopooseoul:20210121151858j:plain

「こんにちは〜!寒いのにお散歩?大丈夫?」by ダルマエナガ(불은머리오목눈이)

 

・・・あなたこそ大丈夫??

なんだか雪に半分埋もれているような・・・汗。

f:id:popopooseoul:20210121152132j:plain

「大丈夫よ〜!でも種を探すのに苦労するわね。この雪じゃあ。」

f:id:popopooseoul:20210121152334j:plain

f:id:popopooseoul:20210121152536j:plain

ダルマエナガたちは、雪の中、懸命に小さな種子を探していました。

f:id:popopooseoul:20210121222119j:plain

スズメ(참새)たちも・・・。

f:id:popopooseoul:20210121222656j:plain
ジョウビタキ(딱새)も・・・。

f:id:popopooseoul:20210121152730j:plain

カッチ(까치)も・・・。

f:id:popopooseoul:20210121222350j:plain

シジュウカラ(박새)も・・・。

 

みんな寒さの中、懸命に、逞しく生きていました。

 

凍ったハンガンの上でも、

f:id:popopooseoul:20210121222601j:plain

カルガモ(흰뺨검둥오리)や・・・。

f:id:popopooseoul:20210121223103j:plain

カイツブリ(논병아리)などの姿を見ることができました。

f:id:popopooseoul:20210121223232j:plain

氷が僅かに溶けている場所は、オオバン(물닭)たちが密になっていました。

まるで温泉に浸かっているみたいですね。

あ、アオサギ(왜가리)さんも今から入るみたいです。

f:id:popopooseoul:20210121223434j:plain

温泉のような風景ですが、実際はめちゃくちゃ冷たいんでしょうね・・・。

考えただけで足が凍るような気がします。

 

f:id:popopooseoul:20210121223606j:plain

暖かい春が恋しい日々です。


〜〜今日のおまけ〜〜

猫の餌は、オンラインで注文し配達してもらっています。

よく買うサイトで、最近、荷物の中にこんな紙が入るようになりました。

f:id:popopooseoul:20210121145145j:plain


なんと、毎回、配達員の体温が書かれています。

平熱ですよ、防疫指針も守ってますよ、だから安心して受け取ってください、という趣旨なんでしょう。

コロナ対策もここまで来たんだなあ・・・とびっくり。

配達員さん、いつもお疲れ様&ありがとうございます。

 

猫の餌ついでに・・・。

私は餌を買う時、購入者のレビューを見てうちの猫が好きそうかどうか判断しているのですが、先日、とあるレビューに思わずじわっと涙が出たんです。

短くも情景が浮かぶレビューで、うんうん、と頷きながら何度も読んでしまいました😿

レビューで涙するなんて珍しいことだと思うので(←もしかして私だけ?)記録に載せておきます。

 

 

f:id:popopooseoul:20210121144558j:plain


(訳←意訳も多々入れてます、ご容赦ください)

 

17年前、子供だった娘が野良猫を連れてきて

お願いだから飼って〜と哀願したので

初めて猫を飼うことになりました。

 

歳月は流れ、娘はお嫁に行きましたが

猫は変わらず、私と暮らしています。

 

老齢の猫ですから、少しでもどこか悪いと心配です。

愛犬でも愛猫でも、飼い、そして別れを経験した方々は

口々に、とても辛いと言っていたんですよ。

 

心の中では、ある程度 予想はしているのですが

いざ その時が来たら、やはりとっても悲しいと思います。

一日、一日のかけがえのなさを、動物から学んでいます。

 

幸い まだ食べ物は、よく食べてくれるので

ありがたい事この上ないです。

とりわけこのおやつ缶は よく食べるんです。

食べる量が少ないので、(今回の購入で)しばらくは食べさせることができますね。

 

ずっと長くこの製品を

注文することができますよう願っています。

 

 

 

 
 
 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

 

トモエガモの群舞!〜クロハゲワシにも遭遇

 

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

今年は昨年よりも明るいニュースが多い一年となりますように・・・。

 

さてさて、先月から我が家で臨時保護中の野良子猫、仮名はノラと名付けられ、未だに我が家に居候中です。

f:id:popopooseoul:20210106133949j:plain

ポスターも何種類か作成し、

f:id:popopooseoul:20210106134405j:plain

近隣のお店や動物病院などに貼らせてもらっていますが、いまだに問い合わせは来ず😿

f:id:popopooseoul:20210106135030j:plainとっても甘えん坊で、やんちゃなノラを家族に迎えてくださる方がいましたら、コメント経由でぜひご連絡ください。

 

f:id:popopooseoul:20210106135151j:plain

「よろしくだにゃ!」

 

ところで日本名のような「ノラ」ですが、韓国語の「黄色(ノランセク 노란색)」から名付けられました。日本では茶トラ、茶白、などと呼ばれるこの毛色は、韓国では黄ネコ、またはチーズネコというそうです。面白いですね😸

 

〜〜〜本題はここから〜〜〜

冬になったら行きたいと思っていた場所がありました。

そこにはトモエガモ(가창오리)が越冬のため何十万羽も集結するというのです。

そして夕刻になるといっせいに飛び立ち、夕暮れの空を背景に群舞が見られるということです。

 

ソウルから錦江(クムガン)の河口までは車で3時間半くらいでしょうか。少し遠いのですが、憧れの光景を見るため、コロナに気をつけながら、行ってきました。

f:id:popopooseoul:20210106141532j:plain

夕暮れに間に合いました。

すると目の前には・・・

f:id:popopooseoul:20210106141634j:plain

わ、わ、わ!!!

f:id:popopooseoul:20210106141720j:plain

わ、わ、わ、わ、わ!!!!

f:id:popopooseoul:20210106141812j:plain

ちょっと待ってー!!!!!何が何だかーーーー!!!!!!!

 

あまりの大群に、目が点に👀

この黒い粒々が、全部トモエガモです!!!!!

 
携帯で撮影したため画質が良くありませんが、黒々とした群れが、まるで一つの巨大な生物のように水面を飛んでいるのが見えるかと思います。
その数、数万・・・2月の最高時には35万羽がこの地に集結するそうです。

(本によると全世界の個体数の大部分が韓国で越冬するとか。)

f:id:popopooseoul:20210106143641j:plain

f:id:popopooseoul:20210106143228j:plain

トモエガモは夜行性で、昼間は水面で休み、夕方になると餌を求めて飛びたちます。
春までこの地で過ごし、そしてシベリアに向けて旅立つそうです。
雄大な自然が織りなす光景に、寒さを忘れ立ちすくんだ時間でした。
 
 
錦江に向かう途中、一面に広がる畑で、クロハゲワシ(독수리) の群れにも遭遇しました。
クロハゲワシ・・・`??
異国情緒漂うハゲワシに、韓国で出会うとは思っていませんでした。

f:id:popopooseoul:20210106150038j:plain

クロハゲワシもトモエガモ同様、韓国には越冬のため渡ってくるようです。

f:id:popopooseoul:20210106150126j:plain

大きいです・・・!さすがハゲワシ。

f:id:popopooseoul:20210106150240j:plain

手前にいるカラスとカッチと比べると、その大きさは歴然としています。
クロハゲワシ、一体何を餌にしているのかと思ったら、やはり屍肉で、この辺りでは交通事故死した動物が主食だとか。
こんな群れが生きて行けるほど、事故死した動物がいるのかと思うとちょっと切ない気もしますね・・・😹
 

f:id:popopooseoul:20210106150807j:plain

2021年が皆様にとって良い一年となりますように。
 
 
 
 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 
 
 
 

冬の川辺に佇めば〜オシドリ他、大賑わい

 

コロナの勢いが再び強まっている今日この頃・・・。

三密を避け、自然と足が向かうのは、やはり鳥たちがいる空間です。

 

옥수駅からハンガン沿を一駅分歩いていくと、ハンガンの支流であるウンボン川にぶつかります。

このハンガン沿〜ウンボン川のエリアが今、カモ類をはじめ冬を越そうを飛来してきた水鳥たちで賑わっています。

 

f:id:popopooseoul:20201202153623j:plain

f:id:popopooseoul:20201202153758j:plain

f:id:popopooseoul:20201202162104j:plain
まず目を惹くのが「派手なカモ」ことオシドリ(원앙)です!

「派手なカモ」って私が名付けたわけではなく、本にそう紹介されているんです。笑

f:id:popopooseoul:20201202155726j:plain

f:id:popopooseoul:20201202155902j:plain

確かに周囲のオオバンたちと比べても派手さは否めません😄

f:id:popopooseoul:20201202160329j:plain

わらわら・・・。

たくさんいますね〜!

 

その他の水鳥たちは、

f:id:popopooseoul:20201202160827j:plain

こちらも大群のカワウ(민물가마우지)さん。

朝晩、ハンガンの上空を隊列を組んで飛んでいる姿をよく見かけます。

f:id:popopooseoul:20201202161325j:plain

真っ白が目を惹くコサギと、手前はカルガモかな?

f:id:popopooseoul:20201202161448j:plain

どことなく恐竜のような風貌のアオサギ。

f:id:popopooseoul:20201202161648j:plain

日本でも毎冬出会っていたコガモ。

f:id:popopooseoul:20201202162357j:plain

 

f:id:popopooseoul:20201202162610j:plainオカヨシガモかな?

 

f:id:popopooseoul:20201202162727j:plain

ん・・・?

水鳥たちの中に、一際目立つ大きな鳥がいました。

f:id:popopooseoul:20201202162928j:plain

一羽だけでいたその鳥は、どう見てもガチョウです。

どこかのファームから逃げ出してきたか、はたまた野生のガンとの交雑種か・・・。

一羽だけで寂しくないかな・・・と思っていたら、

f:id:popopooseoul:20201202163458j:plain

f:id:popopooseoul:20201202163539j:plain

「みんな〜、ちゃんとついてきてる〜??」

なんと種類を超え?リーダーのように先頭に立って、カモ仲間を引き連れておりました。

f:id:popopooseoul:20201202163758j:plain

さらにはオオバンの休憩所に侵入し、

f:id:popopooseoul:20201202163915j:plain

「はい、どいてどいて〜!!!」

 

巨体に物を言わせ、オオバンたちを蹴散らしておりました。

謎のガチョウさん、逞しく生きているようです😊

 

f:id:popopooseoul:20201203122730j:plain

距離が遠すぎてちゃんと撮れていませんが、オジロワシが魚を獲っていました。

f:id:popopooseoul:20201203122924j:plain

 

f:id:popopooseoul:20201203123008j:plain

自分より弱そうなカモメに追われて逃げていました・・・。

f:id:popopooseoul:20201203123121j:plain

逃げ切って無事に魚、味わえたと良いですね。

 

〜〜今日のおまけ〜〜

韓国に来てから、野良猫をよく見かけるなあと思っていました。

小さなお店がひしめく路地裏が、日本より多く残っているせいかもしれません。

見かけるたびに、餌は誰かがあげているのだろうか、冬の寒さは越せるのだろうか・・・と心配していたのですが、ついに二、三ヶ月前から、地域猫を世話して見守るボランティア活動に私も参加することに。(←餌をあげている人を見かけ、声をかけて話を聞かせてもらった)。

ボランティア活動といっても近所の有志が数名で結成しているグループで、동내고양이(日本で言ったら、地域猫)の世話を毎日しています。

餌やり、餌場の掃除、捕獲して中性化手術、里親探し、病気の猫には投薬、などなどを協力しながら行っています。

つい最近も、新たに現れた子猫の捕獲に成功しました!(現在我が家で保護中)

 

捕獲時は全く人間に慣れていなくて、シャーシャー!!とすごい顔で威嚇してばかりで、全く触れませんでしたが、家で過ごして数日後・・・

f:id:popopooseoul:20201203125057j:plain

人間に心開いてくれました〜☺️

f:id:popopooseoul:20201203125202j:plain

もう少し慣れたら、里親探しが始まります。

少しの間だけど、いっぱい可愛がってあげたいです。

どなたか子猫を大切に飼ってくださる方がいましたら、ご連絡ください😺

 

 

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクワクの混群〜エナガの瞳にドキドキ

寒くなってくるにつれ、よく見かけるものが増えました。

「混群」です!

・・・?コングン??

と、鳥に特段興味のない方には馴染みのない言葉かもしれません😅

何種類かの鳥が非繁殖期に一つの群れを作ることを言いますが、群れのメンバーは主に「カラ類」です。

シジュウカラ、ヤマガラ、ハシブトガラ、ヒガラ、がうちの近所の混群の中心メンバーのようです。

これらのカラ類の混群に、よく混ざっているのが、メジロやコゲラ、そして今日の主役のエナガ(오목눈이)です。

 

f:id:popopooseoul:20201113125945j:plain

「コンニチハ、今日も見つめていいかしら?(ジーーーっ)」

 

エナガってどうしていつも、こちらを見つめているような瞳なんでしょう?!😍

f:id:popopooseoul:20201113130134j:plain

(ジーーーっ)

 

そ、そんなに見つめられるとドキドキします・・・。

f:id:popopooseoul:20201113130238j:plain

f:id:popopooseoul:20201113130429j:plain

 

f:id:popopooseoul:20201116154310j:plain

f:id:popopooseoul:20201116154402j:plain


(ジーーーっーーっーーっーーっ)

 

・・・ドキドキドキ。

 

エナガはその名の通り、尾っぽが柄杓の柄のように長い小鳥です。

尾っぽは長いですが、スズメよりも小さな小鳥です。

このブログにたびたび登場するダルマエナガよりも、エナガの方が少し小さいです。

f:id:popopooseoul:20201113130921j:plain

↑ダルマエナガ(붉은머리오목눈이)。

瞳は真っ黒で、エナガのそれとは異なりますね。

ちなみにダルマエナガは混群のメンバーにはならず、いつもダルマエナガだけで群れを作っています。

 

最後に混群のメンバーの一員であるヒガラ(진작해)さんを・・・。

f:id:popopooseoul:20201113145320j:plain


いつ見ても寝癖がついていますね〜(←それが特徴😊)

f:id:popopooseoul:20201113145456j:plain

公園や街路樹で、ちいちい、ぴいぴい、賑やかな声が聞こえてきたら、立ち止まって木を見上げてみてください。

それは色々なメンバーが入り乱れた楽しい混群かもしれません。

 

〜〜今日のおまけ〜〜

韓国語の勉強も兼ねて韓国の歌をよく聴きます。

といってもKーPOP発祥前?の時代の流れを全く無視した選曲です😄😅

90年代あたりの歌をよく聴きますが、歌詞が詩的で美しいものが多い気がします。

 

94年に発表された김광석氏(故人)の、

너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을 

(あまりに苦しい愛は愛ではなかったのだと)

もその一つ。(下記youtubeは김필氏のカバーバージョン)


너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을/ Love that is too painful wasn't love/ 김필/ 영화"그해여름"/ English lyrics

 

勉強がてら歌詞を訳してみました。

(かなり意訳も含まれているかと思いますがご容赦ください。)

 

그대 보내고 멀리 가을새와 작별하듯 あなたを見送って 遠く 秋鳥と別れるかのように
그대 떠나 보내고 돌아와 あなたが去るのを見送って 家に帰り
술잔앞에 앉으면 酒盃の前に座れば
눈물이 나누나 涙が出るね
그대 보내고 아주 지는 あなたを見送って 完全に 消える
별빛 바라볼때 星の光を眺める時
눈에 흘러 내리는 目に 流れ落ちる
못다한 말들 그 아픈 사랑 言い終えなかった言葉たち あの苦しい愛
지울 수 있을까 消すことはできるだろうか


어느 하루비라도 추억처럼 或る日 雨が 思い出のように
흩날리는 거리에서  舞い散る通りで 
쓸쓸한 사람되어 고개 숙이면 もの寂しい人となり 俯けば
그대의 목소리 あなたの声が
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을 あまりに苦しい愛は 愛ではなかったのだと
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을 あまりに苦しい愛は 愛ではなかったのだと


어느 하루 바람이 젖은 어깨 或る日 風が 濡れた肩を
스치며 지나가고 掠めて 通り過ぎてゆき
내 지친 시간들이 창에 어리면 私の 疲れ果てた時間たちが 窓に 滲めば
그대 미워져 あなたが 憎くなる
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을 あまりに苦しい愛は 愛ではなかったのだと
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을 あまりに苦しい愛は 愛ではなかったのだと


이제 우리 다시는 사랑으로 もう私たちは 2度と 恋人として
세상에 오지 말기 この世に 来るのは やめよう
그립던 말들도 묻어버리기 恋しかった言葉たちも 埋めてしまおう
못다한 사랑 果たせなかった愛
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을 あまりに苦しい愛は 愛ではなかったのだと
너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을 あまりに苦しい愛は 愛ではなかったのだと

 

 

 

若くして亡くなった김광석氏の歌う、オリジナルバージョンも味があって好きです。

悲しみがひしひしと伝わってきます。

(渋い趣味だと我ながら思います😁)

 


김광석-너무 아픈사랑은 사랑이 아니었음을

 

 

 

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村