耳を澄ませば〜ソウルで野鳥観察

野鳥好きが期間限定で韓国(ソウル)に住むことになりました。身近な鳥との出会いを記録します。

立派な脚のチゴハヤブサ〜ソウルの水害の記録も

気付けば9月、夏はいつの間にか終わっていました。

この夏は梅雨がなかなか明けず、観測史上最長となる54日間の長雨となりました☔️。

多くの川が氾濫し、いつも鳥見をしながら散歩をしていたハンガン沿の遊歩道も、8月の初旬にはすっかり水没する事態となりました😨💦

 

f:id:popopooseoul:20200831163257j:plain

(↑水没したハンガン公園&付近の道路。当時のテレビ中継画像より。)

 

f:id:popopooseoul:20200902133900j:plain

(↑氾濫後、数日経った川沿の様子。遊歩道は依然水の下に・・・。ベンチの周辺をカモが泳いでいるのが非日常な光景です。)
 

ダルマエナガのお気に入りだった川沿の藪は、すっかり流され、枯れ果ててしまいました。

f:id:popopooseoul:20200831164148j:plain

↑ダルマエナガたち、どこか他の場所で元気にしているかなあ・・・と思いながら歩いていた8月末のある日の写真です(この日はめちゃくちゃ暑かった!)。

 

 
いましたいました!川沿ではなく、もう少し陸側の藪にいました!😊
緑の中から、パラパラと無数に飛び出してくる姿、小さいけれど見えますように。
 

f:id:popopooseoul:20200831170301j:plain

晩夏のダルマエナガ。
緑の中、赤みを帯びた茶色の姿が綺麗でした。

f:id:popopooseoul:20200831170443j:plain

まだ尾っぽが短い、あどけない顔の幼鳥もたくさんいました。
お気に入りの河岸の藪、早く復活するといいね。
 
〜〜〜
 
話はとび、7月末のことです。
「何か珍しい鳥がいるみたい、カメラを持った人が集まっている。」
そう連絡をくれたのは娘のママ友さん (ありがとうございます〜☺️)。
場所はオリニ大公園。私は用事があって行けなかったので、夫が代理出動!
そこにいたのは・・・。
 

f:id:popopooseoul:20200902135312j:plain

な、なんて立派な脚!!!
身惚れてしまうその姿は・・・チゴハヤブサ(새호리기)でした!!!
 

f:id:popopooseoul:20200902135952j:plain

二羽いました。
最初、親鳥(右)が幼鳥(左)に餌をあげているのかな??と思ったのですが、どちらも下腹と太腿が赤いため、二羽とも成鳥でカップルのようでした。
猛禽はメスの方が大きいため、左の小柄な方はどうやらオスのようです。

f:id:popopooseoul:20200902140311j:plain

「チ、チゴ子さん、セミ、お気に召しましたか・・・?」by オスのチゴ夫さん
「そうねえ、まあまあ美味しいわね、もぐもぐ・・・😎」by メスのチゴ子さん
 
雄から雌への愛のプレゼントみたいです😄。
カワセミはじめ、求愛の季節によく見られる光景です。
この後、二羽はこの近くで子育てもしたのでしょうか。
雨が降り続き、確認にも行けないままとなりましたが、無事にヒナが巣立っていることを願います。
チゴハヤブサは夏鳥、また来年の夏に出会えますように😊✨
 
 
 
 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 
 
 
 
 

巣立ち雛が続々と〜コウライウグイスの巣立ちも

 

夏を迎え、巣立ち雛の姿をよく見かけるようになりました。

 

巣立ったはよいけれど、まだ一人では上手に餌が獲れない幼鳥が、ぴいぴい鳴きながら、親鳥を追いかけて後をついて回っている姿をよく見かけます。

自分の体ともうほぼ変わらない大きさの幼鳥に追われ、ひと息つく暇もないくらい、餌をねだられている雀やヒヨドリの親を見かけるたびに、「お疲れ様☕️」と心の中で呟いては応援する日々です😄。

f:id:popopooseoul:20200730222230j:plain

「お母さん!ご飯!ご飯!おなかすいたよーー!!」by ヒヨドリ幼鳥

f:id:popopooseoul:20200730222319j:plain

「イタタタ・・・!今、ご飯とってくるからもう少し待っていなさい!」by母

f:id:popopooseoul:20200730222738j:plain

この幼鳥は頭もまだホワホワ、あどけない顔が可愛いですね☺️。

 

f:id:popopooseoul:20200730223024j:plain

こちらはジョウビタキの幼鳥(左)とお父さん(右)。

お父さんも子育てお疲れ様ですf:id:popopooseoul:20200730223513j:plain

↑お父さんジョウビタキ、気のせいか、痩せて見えます・・・😅。

 

f:id:popopooseoul:20200730223731j:plain

マガモの雛たちも、ホワホワで可愛い・・・。

f:id:popopooseoul:20200730223910j:plain

反則級の可愛さです。

 

そして過去記事(6月2日)に記録した、近所の公園に営巣したらしきコウライウグイスのカップルですが、無事に雛が巣立ったみたいです!

f:id:popopooseoul:20200730224635j:plain

巣の近くに出てきた幼鳥。まだ親鳥のように鮮やかな黄色ではなくて、緑色っぽいです。

f:id:popopooseoul:20200730224858j:plain

近くの枝では親鳥が、嘴に餌をくわえて、ここまで飛んできてごらん!と幼鳥を励ましているようでした。

f:id:popopooseoul:20200730225101j:plain

「ほら、頑張って!飛んでごらん!美味しいご飯も待っているよ。」

 

この日は結局、親鳥がいくら呼んでも幼鳥は飛んでいきませんでした。

でもきっとすぐに、自分の力で、どこまでも飛べるようになるんでしょうね。

夏が終われば海を渡り、遠い国まで飛んでいけるくらいに。

 

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

高層アパート窓の外に訪問者が!〜チョウゲンボウ

 

我が家の2匹の猫が、6月初旬からどういうわけか立て続けに体調を崩してしまいました。

2匹が交互に入院治療となり、気が休まらない日々でした😿が、ようやく少し体調も落ち着いてきて、ほっとしているところです。

 

f:id:popopooseoul:20200628223157j:plain

(検査の為、お腹を剃られ、別の生き物のようになっているチコ・・・)

f:id:popopooseoul:20200628223319j:plain

(病院に行くのが嫌で、ぬいぐるみの仲間のふりをするテト・・・)?

 

 

そんなわけで、鳥見にもなかなか行けなかったのですが・・・昨夜のことです。

ベランダに設置してある洗濯機に洗濯物を入れようとしたら・・・。

f:id:popopooseoul:20200628224534j:plain

わーーーー???!!!😱😱😱😱

 窓の外に何かいる?!

ここ16階ですけど?!!

 

・・・と予想外の珍客にびっくり仰天。

落ち着いてよく見ると、

f:id:popopooseoul:20200628224744j:plain

「コンバンハ。一晩泊めてクダサイ。」

f:id:popopooseoul:20200628225659j:plain


チョウゲンボウ(황조롱이) の幼鳥のようでした。

チョウゲンボウは小型の猛禽で、都市でも飛んでいるのをよく見かけますが、まさか自分の家の窓枠で夜を過ごしているとは思いませんでした☺️☺️

そういえば、同じエリアに住んでいたNさん(最近、日本へご帰国。寂しいです😿)も、窓の外に変わった鳥がきた〜と教えてくれたことがありました。それもまさにこのチョウゲンボウだったのを思い出しました。

 

f:id:popopooseoul:20200628230715j:plain

 

チョウゲンボウ、都市化に適応して、ビルの合間で頑張って暮らしているのですね。

f:id:popopooseoul:20200628225612j:plain

「泊めてくれますか?宿賃はちゃんと払いマス」

 

チョウゲンボウの幼鳥は、夜8時ごろに撮影をしてから、真っ暗になった10時ごろにもう一度そーっと覗いてみましたが、同じ場所でじーっとしていました。

そして夜が明けて、窓の外を覗いてみると、「宿賃」として白いフンがちょこんと残されていました。😅😁

 

可愛いお客さん、また来てくれますように。

 

〜〜おまけ〜〜

ソウルに来る前に暮らしていた某ヨーロッパの国で出会ったチョウゲンボウも、載せておきます。

住んでいたアパートに中庭があり、そこにチョウゲンボウがつがいでよくやってきました。

夏には幼鳥が、親から狩を教わっている風景も見ることが出来ました。

あの親子、元気にしているかなぁ〜✨

 

f:id:popopooseoul:20200629124626j:image

(お母さんから指導を受け、ネズミを捕まえた幼鳥)

f:id:popopooseoul:20200629124639j:image

(お母さんとのツーショット)

f:id:popopooseoul:20200629124716j:image

(テラスで一休み)

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

 

(6/6追加あり)ついに拝顔、コウライウグイス!

 

何日も何日も、その姿を見たい見たいと願いつつ、声しか聴けずに虚しく(?)帰路についていたコウライウグイス (꾀꼬리)ですが、ついに!!!

その姿を拝むことができました!!!😻😻😻😻😻

(しかもうちの近所の公園で!!!) 

f:id:popopooseoul:20200602161501j:plain

「あなた辛抱強いねえ・・・呆れて出て来てあげたよ。」

 

なんて鮮やかな黄色なんでしょう!

大きさもヒヨドリよりひとまわり大きい感じです。

こんなに存在感があるのに、姿を見るのは何故か至難の技なんです💦

 

現に、写真を撮っているところに通りかかったおじさんが、「何を撮っているの?」と聞いてきたので、コウライウグイスです、と答えると、心底びっくりした顔で、「え??!!😳😳😳ここにコウライウグイスがいるの???30年以上ここに住んでいるけれど、知らなかったよ。見たこともないよ!!!ちょっと写真見せて!!!あーーー、本当だ!!!」と大衝撃を受けたようでした。

 

そこで、コウライウグイスはなかなか姿を見せてくれないこと、渡り鳥で、今の時期しかソウルにはいないことを伝えたのですが、おじさんは頭を抱えて「いやー、30年以上住んでいて知らなかったなんて笑えるね。それも、引っ越ししてきたばかりの日本の人に教えてもらうなんて・・・。」と苦笑していました。笑

 

f:id:popopooseoul:20200602161726j:plain

 

コウライウグイスは2羽いて、つがいのようでした。

一本の木から飛び立ってはしばらくすると戻る、という行為を繰り返していたので、もしかしたらこの木で営巣するのかもしれません。

この日はなんとか(枝被りながらも)写真に収めることができましたが、飛ぶスピードも速いし、木の中に入ると姿は全然見えないし、で写真にはこれ以上収めるのは無理と判断、記憶に焼き付けて退散しました。

 

6月6日、追加写真です↓ また同じ場所で会えました!

f:id:popopooseoul:20200606200117j:plain

f:id:popopooseoul:20200606200347j:plain

f:id:popopooseoul:20200606200512j:plain

f:id:popopooseoul:20200606200943j:plain

【追加写真、以上】


ミャーー!!ミャーーー!!!という猫みたいな鳴き声のほか、美しい囀りも聴く事ができました。

 ヒヨヒヨヒヨヒヨほう〜♫  (コウライウグイスの囀り)

 

鳴き声といえば・・・

ゲゲゲビビビ・・・!!!

f:id:popopooseoul:20200602164033j:plain

 「大声なら負けないぞーー!」

 

近くの池にオオヨシキリ(개개지)もいました!

オオヨシキリも夏鳥で、水辺の草むらやヨシ原で出会う事ができます。

小さな体のどこからこんな声量が?!という大音量で鳴いていました。

 

f:id:popopooseoul:20200602164515j:plain

 

お世辞にも美声とは言い難いのですが😅のどを精一杯膨らませ、口を最大限大きく開けて歌うその姿を眺めていると、何か崇高なものを感じます。

 

最後に、チラッと出会えたキジのメスを・・・。

オスには最近飽きるほど?!出会えるのですが、メスには数えるほどしか遭遇しません。

f:id:popopooseoul:20200602165042j:plain

とっても優しい目をしていました。

 

〜今日のおまけ〜

f:id:popopooseoul:20200602170104j:plain

f:id:popopooseoul:20200602170144j:plain


最近のハンガンの土手・・・一面の花畑です。

延々と黄色の花が咲いていて(キバナコスモス?)歩くだけで癒されます。

ステイホームの合間に、こうして散歩できる素敵な場所があることに感謝です。

 

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

縞々のエゾビタキ、コサメビタキにも遭遇

 

気温も上がり、最近は夏鳥や旅鳥に遭遇することが多くなってきました。

今、一番姿を見たいのは、やはり夏鳥である「コウライウグイス」なのですが、声はすれども姿が見えない!!泣

日本でもお馴染みのウグイスとは姿も声も全く異なり、

 

ミヤーーっミヤーーっ!!!

 

と、あなたは発情期の猫ですか??というような、不思議な鳴き声のコウライウグイスなのですが、林の中から声はすれどもいつまで待っても姿は見えず・・・という日が続いています。

 

そんな待ちぼうけの時間にも、素敵な出会いがありました😊

 

f:id:popopooseoul:20200518161359j:plain

か、可愛い😍😍😍

大きな瞳に吸い込まれそうです。あなたはだあれ??

 

f:id:popopooseoul:20200518161711j:plain

「こんにちは〜、僕、エゾビタキです。よろしく!」

 

つぶらな瞳の正体はエゾビタキ제비딱새)でした!

日本でもここ韓国でも旅鳥で、渡りの季節にしか出会えないようです。

 

枝から飛び出してはひらひらと空を舞い、虫をキャッチして枝に戻る、という行為を繰り返していました。

このことから英名はFly catcher と言うそうです。

f:id:popopooseoul:20200518162514j:plain

(↑ちょっと不明瞭ですが、蛾らしき虫をキャッチして戻ってきたところ。)

 

f:id:popopooseoul:20200518162813j:plain

エゾビタキはつぶらな瞳と、胸の縞々がチャームポイントですね😍

 

f:id:popopooseoul:20200518163127j:plain

ちょっと待って〜!つぶらな瞳なら僕も負けていないよ〜!!

 

あれ??

エゾビタキより若干小さな双子の弟も登場しました。

 

f:id:popopooseoul:20200518163502j:plain

・・・胸にシマシマは無いけどね💦

 

こちらはコサメビタキ(쇠솔딱새) でした!

コサメビタキもここ韓国では旅鳥(少ないケースで夏鳥)です。

f:id:popopooseoul:20200518173106j:plain

いや〜、ヒタキ類の可愛さは群を抜いていますね😍

短い時期しか出会えない旅鳥の彼らに、一瞬ですが出会えてとても嬉しかったです。

 

〜〜シマシマ繋がり、その(1)〜〜

 

シマシマといえば・・・

f:id:popopooseoul:20200518164556j:plain

オオアカゲラ(큰오색딱다구리) にも出会えました✨

通常のアカゲラとは異なり、胸と脇腹に黒いシマシマがあります。

頭部が黒いのでこれはメスのオオアカゲラです。


f:id:popopooseoul:20200518164334j:plain

ちなみにこちらが通常のアカゲラさん。

シマシマがありません。

 

〜〜シマシマ繋がり、その(2)〜〜

 

シマシマといえば・・・

 

f:id:popopooseoul:20200518165315j:plain

うちの猫です😆

いつ見ても、見事なシマシマです!

 

〜〜エゾビタキのエゾ繋がり〜〜

 

f:id:popopooseoul:20200518165626j:plain

エゾリスです🐿

ソウルで出会うリスはエゾリスみたいですが、最近は冬毛(薄茶色)から夏毛(黒色)への換毛期のようで、ツートンカラーになっている子をよく見かけます。

f:id:popopooseoul:20200518165850j:plain

冬毛が抜けたら、スリムに見えるでしょ?

確かに全身夏毛になっている子は、ひとまわりも小さく見えました。

うちの猫は、換毛期にいくら毛が抜けても、全然痩せて見えないのは何故なんでしょう。

 

近いうちに、待ち焦がれているコウライウグイスにも出会えますように😊


 

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

コウライキジとカッチの尾っぽ比べ

韓国はコロナの封じ込め、かなり頑張ったと思います。

先日はついに新規感染者がゼロの日もあり、街中やお店には人の姿が戻ってきました。

まだまだ予断は許されないとは思いますが、手洗いうがいをしっかりと、人との距離を保ち、三密を避けながら、少しずつ外にも出て行けたら良いなと思います✨

 

というわけで、カンナム駅から2つ目の선릉駅から徒歩数分、世界文化遺産の「宣陵と貞陵」に散策に行ってきました。

ここは新宿御苑のような有料公園(公園というか王陵ですが)で、広大な敷地には木々が生い茂り、近場で森林浴をするにはもってこいの場所でした。

 

ケーンケーン・・・。

と、大きな鳴き声がしてくる方に目を凝らすと・・・。

 

f:id:popopooseoul:20200503104944j:plain

茂みの中に赤い顔が!

コウライキジ(꿩) の雄です。こんな街中の公園にもいるんですね〜😳😳😳

 

f:id:popopooseoul:20200503105355j:plain

赤い仮面をつけたような顔と、美しい羽、立派な尾。

日本の国鳥のニホンキジとは体の色が違いますが、コウライキジも美しいですね😊

しかしキジの声は本当に遠くまで聞こえますね。自分の居場所を知らせているようなもので、姿を見つけられて嬉しい反面、「雉も鳴かずば撃たれまい」という諺が物悲しく頭に浮かびました。

f:id:popopooseoul:20200503111015j:plain

雌の姿は見当たりませんでしたが、雄の姿は散策中に何羽も確認できました。

 

それにしても立派な尾!

と、見惚れていると・・・

 

f:id:popopooseoul:20200503111218j:plain

「ちょっと〜!僕の尾も見てよ!ほら!ほら!」

 

カッチが尾を見せびらかしにやってきました。😆

f:id:popopooseoul:20200503111404j:plain

「どう?!僕の尾っぽも負けてないでしょ??」

 

確かに改めて見ると、カッチの尾ってとても長くて綺麗ですね。

 

そういえば公園内にはカッチと同じカラス科であるカケス(어치)もたくさんいました。

f:id:popopooseoul:20200503111900j:plain

カッチほど尾は長くないですが、羽の色が綺麗です。

私は好奇心に溢れたようなカケスの目が好きです🥰

f:id:popopooseoul:20200503112136j:plain

羽繕い中に、ファンキーに逆立った頭も可愛い💕

 

 

この日、嬉しかった出会いがもうひとつ。

 

f:id:popopooseoul:20200503112548j:plain

ビンズイ(항등새) です!

 

f:id:popopooseoul:20200503112759j:plain

ソウル付近では繁殖期に見られるようです。

タヒバリと似ていますが、頬にある白い点が識別ポイント!

f:id:popopooseoul:20200503113018j:plain

f:id:popopooseoul:20200503113052j:plain

胸のストライプがオシャレな雰囲気です✨

f:id:popopooseoul:20200503113233j:plain

何羽かいました。この森で営巣するのかな?

また次の散策時にも会えたら嬉しいです。

f:id:popopooseoul:20200503165432j:image

〜〜今日のおまけ〜〜

王陵の切符売り場の目の前に、紅茶専門店のロンネフェルト(Ronnefeldt)のカフェがありました。

お天気もよかったので、壁が全部開けられて、外と一体化したオープンな雰囲気でした。

換気👍ばっちり、三密とは程遠いので、一休みにちょうど良かったです。

 

f:id:popopooseoul:20200503115445j:plain

 

f:id:popopooseoul:20200503115551j:plain

しかし紅茶専門店に来てもなお、珈琲を頼んでしまう自分は、かなりの珈琲中毒だと思いました・・・😅☕️

 

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村


 

 

 

コイカルのカップル、桜咲く?

 

2月10日に記事にした「コイカル (밀화부리)」との初遭遇なのですが、その後、チラホラとその姿を見かける機会が増えてきました。

あの日は雄の姿しかなく、その後、雌に無事に出会えるかなあ😊と心配していましたが、ついにカップル誕生?!した模様です!

 

f:id:popopooseoul:20200410184847j:plain

 

「初めまして、コイカル♀です〜。チャームポイントは黄色の嘴と、羽先の白い点々です。宜しくお願いします✨」

 

コイカルの雌は、頭から顔が黒くなくて淡いグレーでした。お陰で可愛い瞳がよく見えます。

 

一方雄は、、、

f:id:popopooseoul:20200410185722j:plain

顔が黒いから、瞳がなかなか写真に写らない😂 

f:id:popopooseoul:20200410185941j:plain

何とか写ると嬉しいです。雄も可愛い目をしていますね!

 

f:id:popopooseoul:20200410190303j:plain

同じ枝にとまっていた雌のコイカル。カップル誕生かな?☺️

 

しかしこの日はコイカル日和?!で、後から後からコイカルが・・・!!

 

f:id:popopooseoul:20200410190502j:plain

雀の群れとコイカルの群れが混ざっていました。

ちょっと区別がつくように呼びかけてみましょう。

コイカルさーん、口開けて!

(はーい!)

 

見事にみんな口を開けてくれました😆

 

f:id:popopooseoul:20200410190914j:plain

こちらはコイカル三姉妹。みんな美人さんですね。

 

f:id:popopooseoul:20200410191028j:plain

こちらは三姉妹に惹かれてやってきた?コイカル君。

 

f:id:popopooseoul:20200410191204j:plain

わらわらわら・・・。

いつの間にか地面はコイカルだらけに!

 

f:id:popopooseoul:20200410191408j:plain

よく見ると、コイカルよりひと回り小さい違う鳥も混じっています(赤い矢印)。

アトリです!되새

f:id:popopooseoul:20200410191918j:plain

↑アトリの雄。コイカルの雄同様、頭と顔が黒っぽいです。

 

f:id:popopooseoul:20200410192109j:plain

f:id:popopooseoul:20200410192202j:plain

↑アトリの雌。こちらもコイカルの雌同様、頭と顔は淡い色をしています。

アトリは日本でも冬によく出会っていました。

ここ韓国でもアトリは冬鳥のようです。アトリの姿が見られるのもあと僅かですね。

 

この日は花に囲まれて、コイカル達もアトリ達も、みんな春を楽しんでいるかのようでした。

f:id:popopooseoul:20200410192557j:plain

f:id:popopooseoul:20200410192640j:plain

f:id:popopooseoul:20200410192859j:plain

 

ちなみにこのコイカルの群れに出会ったのは、住んでいるマンションの敷地内です🐥

遠出をしなくても、こんなに近くでコイカル達に出会えるなんて幸せです。

 

↓ポチッと押してもらえたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村